幼児のトレンド

「最近の調査によると、すべてのビットコインユーザーの約25%とすべてのトランザクションの44%が違法なトランザクションに関連しています。」(出典:link.springer.com)

単純なフェルミ推定では、1000回のトランザクションが毎日違法なデータを提供します。
これは、別の意味で将来の脅威として増加すると予想されます。
説明したいと思います。

完全な匿名性

まず第一に、それはイーサリアムの犯罪組織にとって完全な勝利です。たとえば、コントラクト自体を作成し、そのデータを巧妙な関数または辞書に入れることができます。この場合、犯罪者は単純なハッシュを持っています。たとえば、ダークウェブでパスワードを交換して、別のブロックチェーンでパスワードを取得できます。これにより、犯罪者は完全に匿名になり、調査機関の手に負えなくなります。いつでも情報を共有することは100%可能です。(すべてのドメインとdappサービスは完全に匿名であり、end_to_end暗号化でき、torなどのサービスを使用してホストできます。)

それ以外に、従来の倫理的なosintを実行できます。

1:op_return => pythonビットなどやクラシックでサポートされています。
ビットコインの長さは80に制限されています。カラーコインもありますが、進化していません。

2: input_data => I’ve created these automated tools, but if they’re useful in the future, they’ll be a combination of machine learning hash_decoders.

3: Using z1 and z2. => However, the identity of the hacker who provided the information cannot be determined.
This is because it is possible to use a wallet that is temporarily available. (By nature, you can quit node participation at any time.)

The easier it is for criminals to hide their identities also means that the general public will be easier to join the network, and the general public will be more likely to be involved in crime.
There is no way to solve this except by using auditing on the entire blockchain, but it goes against the original concept.

Conclusion:

不正な画像などの犯罪を防ぐことは不可能です。
人々は信頼できるブロックチェーン(ノード参加またはクライアント参加のための十分な識別)を選択する以外に選択肢はありません。政府は違法ノードへの接続をブロックします。どうなるかわかりません。しかし、それは常にすぐ近くにあります。検閲を回避するための他の技術的手段と組み合わせると、ダークウェブ以来最大の犯罪市場になります。

--

--

*Attributes are represented by "@" in XPath
/html/body/div/span[@class='value']
//span[@class='regular_price']

the writing below is called descendant-or-self, and you can refer to all the dom elements of that html.

//img[contains(@class, 'image')]

Whether it can be taken with a perfect partial match.

//div[contains(text(), 'item')]

When you want to specify an element containing the characters “Product number” from this HTML. You can also use the not operator like

//img[not(contains(@src, ‘main’))]/@src

//*[text()="searchkeyword"]/following-sibling::p[2]

Gets the penultimate p element of that element as seen from the parent element.

//td[not(.=preceding::td)]

Of all the elements, select the one that does not match the tag and content among all the elements before the child element. character *(“.”) in XPath is called the “context item expression” because it refers to the context item. All td elements are shown here.

  • Works only on child nodes (tags). If you want to specify attributes with wildcards, use @ *.

--

--

yentotexbof

yentotexbof

3 Followers

information science & technology. threat hunting. Researcher of Internet Assigned Numbers Authority